特P(とくぴー)の手数料は本当に得なの?akippa(あきっぱ)と他社比較してみた!

駐車場の稼働率が上がったらなぁ
空いている土地で何かしたいなぁ
もう少し、お小遣いが増えたらなぁ

このようなことを思っている方いませんか?
シェア駐車場予約サービスは土地活用の中でも
「簡単」に始める事ができて
「費用」も0円で
「すぐ」開始できる
仕組み(アプリ)があります。

もちろん、やめたい時はご自身で自由に決める事ができます。
やってみて、自分には合わないと思えばいつでもやめられます。

この記事では、特P(とくぴー)とakippa(あきっぱ)のシェア駐車場予約サービスの両社の比較についてお伝えいたします。
駐車場経営を検討されている方にご覧いただきたい内容となっています。

この記事の主な目的は、
・サラリーマンや主婦の方がお小遣いを稼ぐため
・駐車場の稼働率向上による収益アップをするため
・地主の方が、土地や不動産の活用による収入アップをするため

この記事の主な対象者は
自宅の駐車場が空いている方
月極駐車場のオーナー様
所有地に空きスペースがある方

  1. 特P(とくぴー)とは
  2. 特P(とくぴー)の特徴とメリットは
    1. 簡単にで空きスペースを貸出可能
    2. 初期費用や月額利用料が無料!(0円)
    3. 業界最安値の手数料
    4. 駐車場運営の手間がかからない
    5. 狭小スペースでも貸し出しが可能
    6. 1日単位やコマごとに貸し出しができる
    7. 自分の好きな時間帯だけ貸出可能
    8. 募集・契約・決済まですべてオンラインで完結
    9. 毎月固定の賃料収入の確保
    10. インターネットでの高い集客力がある
    11. 特P(とくぴー)のオーナー様には開業時に無料の集客ツールをお送りしています。
  3. 特P(とくぴー)の登録の流れ
    1. オーナー情報と駐車場登録(登録無料)
    2. 駐車場の写真撮影
    3. 特P(とくぴー)(時間貸し)登録完了・掲載スタート
    4. 特P(とくぴー)掲載後
  4. 会社案内(特P)
  5. Q&A(特P)
  6. akippa(あきっぱ)とは
  7. akippa(あきっぱ)の特徴とメリット
    1. (オーナー側のメリット)
      1. 空いているときだけ駐車場を収益化
      2. 初期費用や月額費用はすべて無料
      3. 機器設置不要なので手間いらず
      4. ユーザーの対応はすべてakippaが実施
      5. 準備するのは、PC・スマホだけでOK
      6. 累計会員数290万人以上の圧倒的な集客力
      7. 駐車場運用やトラブルに対するサポートが充実
      8. akippa(あきっぱ)に貸し出しをして社会問題の解決
      9. 不労所得になる
    2. (ユーザー側のメリット)
      1. 予約制だから確実に駐車場を確保できる
      2. 15分単位で予約できる
      3. 駐車場料金の比較がしやすい
      4. 予約時間内は入出庫自由
      5. 通常のコインパーキングよりも安い
      6. レビューが信頼できる
      7. クレジットカード、デビットカード決済が可能
  8. akippa(あきっぱ)からオーナー様へのお支払い
    1. (オーナー側)
  9. いろいろな駐車場が貸し出しできます!
    1. 個人宅駐車場
    2. 月極駐車場
    3. 集合住宅駐車場
  10. どれくらい稼げるの?
  11. 売上を増やすポイントは
    1. 周辺相場より料金を安く設定する
    2. 定期的に貸出設定を見直しする
  12. akippa(あきっぱ)の登録の流れ
    1. 公式サイトへアクセス
    2. オーナー情報の登録
    3. 駐車場情報の登録
    4. 審査・掲載
    5. 掲載ページ作成
  13. トラブルやサポート体制は
  14. オーナーサイトの管理画面の使い方は
  15. 会社案内(あきっぱ)
  16. Q&A(あきっぱ)
    1. 貸し出す前のご質問
    2. 登録の際のご質問
  17. シェアリングとは
    1. シェアリングの背景
    2. シェアリングの落とし穴

特P(とくぴー)とは

特P(とくぴー)とは、株式会社アース・カーが運営している駐車場シェアリングサービスです。
「駐車場を利用したい人」と「駐車場を提供したい人」を繋ぐマッチングサービスになります。
カーシェアや民泊の駐車場版というわけです。

特P(とくぴー)とは、日本最大級の駐車場予約サイトです。
スマホやパソコンから、全国の駐車場の検索と事前予約がスマートにできるサービスです。

特P(とくぴー)は空いている駐車スペースをネット上で貸出・収益化できるシェアサービスです。
地域のニーズや都合に合わせて時間貸しでも月極でも貸し出しできるのは特P(とくぴー)だけです。

2017年9月21日に誕生した特P(とくぴー)は、今や日本最大級の駐車場シェアリングサービスに成長しており、駐車場保有データは10万件以上となっています。
サービスは都市部だけでなく、地方にも拡大しつつあります。
大都市圏の方だけでなく地方在住者も、空いた土地を活用して手軽に小遣い稼ぎができます。

特P(とくぴー)では空いた土地を駐車スペースとして時間貸しして、収入を得ることができます。
バイク1台分の土地からOKなので、有効な土地活用として注目されています。

特P(とくぴー)の特徴とメリットは

簡単にで空きスペースを貸出可能

普段使っていない空き地などを駐車場にしたいと考えている方がいるかもしれません。
不動産会社に駐車場利用者を探してもらうとなると、時間もお金もかかってしまうのが普通です。
特P(とくぴー)なら、ホームページから情報を登録して写真をアップロードするだけで、空いている土地を駐車場として貸し出せます。
例えば、コインパーキングの経営をする場合であれば通常は初期費用100万円以上必要となります。
「とりあえず駐車場経営してみよう」ができるのがメリットです。

初期費用や月額利用料が無料!(0円)

特P(とくぴー)は設備投資費用などのお金は一切かかりません。
ネット上で手続きするだけで簡単にお小遣い稼ぎができるのがメリットです。
解約時の違約金もかからないため、気軽に始められるのもメリットです。

業界最安値の手数料

特P(とくぴー)は、実際に貸し出しで得た収益の30%(全国一律)を手数料として支払う必要があります。
ほかの駐車場シェアサービスでは手数料が50%というケースもあります。
特P(とくぴー)の手数料の安さは大きな魅力です。

駐車場運営の手間がかからない

「駐車場を貸し出すためには、利用者とのコミュニケーションやトラブル対応が必要?」と不安になる方もいるでしょう。
特P(とくぴー)なら、利用者の対応はコールセンターがすべて引き受けてくれるため、運営の手間がかかりません。
会員からの利用方法等の問い合わせや万が一の事故・トラブル時も特Pの24時間年中無休のコールセンターが対応します。

狭小スペースでも貸し出しが可能

「使っていないすごく狭いスペースならあるけど、狭すぎると登録できない?」と不安に感じている方も安心してください。
特P(とくぴー)はバイク駐車場も取り扱っているため、狭小スペースにも需要があります。
例えば、車1台分の空きはなくてもバイク1台分のスペースはあるという方は多いのではないでしょうか。
そんな空きスペースがお金を生み出すようになるというのは魅力ですね。

1日単位やコマごとに貸し出しができる

「全く使わないわけではないが、一部の時間帯なら空いているスペースがある」という方も多いのではないでしょうか。
特P(とくぴー)は1日単位や、コマ単位の貸し出しができるので、空きスペースを柔軟に活用して収益化を目指せます。

自分の好きな時間帯だけ貸出可能

特P(とくぴー)は駐車場が空いている時間帯だけ貸し出せます。
例えば、「平日だけ」「昼間だけ」「イベント日だけ」など駐車場の空き状況にあわせ、手軽に貸し出しできます。

募集・契約・決済まですべてオンラインで完結

特P(とくぴー)は契約手続きもネットで行うため、月極駐車場経営の経験がないオーナー様も安心して始められます。

毎月固定の賃料収入の確保

特P(とくぴー)は毎月の収入が変動する時間貸しと比較し、月極なら安定的な固定収入が見込めます。

インターネットでの高い集客力がある

特P(とくぴー)はサイト訪問者は月間100万人を超え、高い集客効果につなげています。
NAVITIMEと日本二輪車普及安全協会の2サイトと連携しています。
双方から特P(とくぴー)の予約が可能で、駐車場の利用機会の最大化を図っています。

特P(とくぴー)のオーナー様には開業時に無料の集客ツールをお送りしています。

駐車場に掲示いただくことで、周辺域に駐車場の存在をアピールでき、利用者への目印にもなります。

特P(とくぴー)の登録の流れ

オーナー情報と駐車場登録(登録無料)

特P(とくぴー)の登録フォームからオーナー情報と貸し出しする駐車場情報を登録します。

駐車場の写真撮影

掲載用の駐車場写真を撮影いただき、特P(とくぴー)に送付します(メール送信で可能)。
登録の際、下記の画像4点が必要となります。
※画像は最大8枚まで掲載できますので、壁車場の場所が分かりずらい場合は周辺写真を多めに撮影してください。

特P(とくぴー)(時間貸し)登録完了・掲載スタート

特P(とくぴー)の管理画面にて駐車場情報の入力と駐車場の写真加工を行います。
その後、完成した予約画面をご確認して、OKであれば開始となります。

特P(とくぴー)掲載後

時間貸し駐車場に予約が入ると特P(とくぴー)よりオーナー様にメールでお知らせします。
利用料は月末締め、翌月末払いで指定の銀行口座に振込みがされます。

会社案内(特P)

■社名
株式会社アースカー(EarthCar Co.,Ltd.)

■設立
2009年12月24日

■所在地
〒100-6224 東京都千代田区丸の内1-11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内24F
TEL:03-6812-2288(代表) FAX:03-3211-3311

■代表者
代表取締役社長 遠藤 昭二

■資本金
1億円

■主要株主
株式会社ISホールディングス

■事業内容
・カーシェアリング事業
・駐車場シェアリング事業
・プラットフォームシステム開発事業

■許認可番号
東京都公安委員会 第301011607146号

Q&A(特P)

Q
駐車場を貸したいのですがどうすればいいですか?
A

こちらから手順にしたがってご登録ください。
事前に駐車場の写真や寸法が分かると、登録が大変スムーズです。もし無くても後から更新することができますのでご安心ください。

Q
駐車場の利用料金はどのように決めているのですか?
A

料金はオーナー様ご自身で自由に設定が可能です。
利用される方のことを考え、周辺のコインパーキング相場より安めの料金設定を推奨しております。
料金設定画面に参考価格を表示しておりますので、初めての方はそちらを参考に設定をされています。
最終的に弊社運営管理部門にて承認されたものが、特Pサイトで貸し出しされます。

Q
イベント日は特別料金で貸し出せますか?
A

可能です。料金は「平日」「土曜日」「日曜日」「祝日」ごとに設定できるほか、日にちを指定して料金を設定することもできます。

Q
駐車場登録は無料ですか?
A

駐車場のご登録は無料でご利用いただけます。

Q
短期間の貸出は可能ですか?
A

1日単位で貸出可能です。
駐車場が空いた時だけ、オーナー様の都合に合わせて貸し出すことも可能ですので、ご興味がございましたら、こちらまでお問合せください。

Q
登録ができない場所はありますか?
A

バイク1台分または車1台分のスペースがあれば、貸出可能です。
まずはこちらまでお問合せのうえ、ご相談ください。

Q
駐車場管理会社をしているものですが、土地オーナー様から管理を委託してされております。その場合、駐車場を特Pとして登録することは可能ですか?
A

登録可能ですが、事前に土地オーナー様への確認が必要な場合がありますので詳しくはお問合せください。

Q
利用できる車両を制限することは可能ですか?
A

可能です。駐車場登録の際に、車種やサイズを指定して登録してください。

Q
駐車場の設備を壊されてしまった場合はどうすればいいですか?
A

損傷個所を撮影いただいたうえで、ご連絡ください。

Q
利用料金はいつ入金されますか?
A

月末に売上を計算し、オーナー様がご指定いただいた金額を超えた場合、翌月末にお振込致します。
オーナー様がご指定いただいた金額を超えなかった場合は、翌月に繰り越しされます。
※振込手数料については、オーナー様負担となります。

Q
駐車場登録から貸出までにどのくらいの時間がかかりますか?
A

登録フォームでお申し込み後、内容確認のご連絡をいたします。最短当日で開業可能です。

Q
駐車場登録に必要なものは何ですか?
A

開業までに下記の3点が必要となります。事前にご用意いただけると開業がスムーズです。
(1)駐車場写真:「全体写真」「駐車場写真」「周辺写真」の3種類
(2)駐車場図面:敷地内で駐車場の位置が分かる簡単な図面でOK(弊社で清書します)
(3)駐車場サイズ:「長さ」と「幅」は最低限お知らせください
※ご不明点がありましたらご連絡ください。

Q
日本全国どの地域でも登録可能ですか?
A

登録可能です。

Q
月極契約が決まった場合は、すぐに特Pを閉鎖できますか?
A

ご予約が入っていない場合につきましては、即日閉鎖のご対応は可能です。
ご予約が入っている場合は、ご予約日以降の閉鎖が最短となります。

akippa(あきっぱ)とは

akippa(あきっぱ)とは、スマホやPCなどを使って駐車場のレンタルを行えるシェアリングサービスです。
「駐車場を利用したい人」と「駐車場を貸したい人」を結ぶマッチングサービスを行っています。

「駐車場を貸した方」は、
空きスペースの所有者がakippa(あきっぱ)と提携、登録することで、その場所を駐車場として貸すことができます。
一般の駐車場はもちろん、家庭(個人)の駐車場、空き地、アパート、ホテルの駐車場などが登録されています。
オーナーは、駐車場を利用された料金に応じた報酬を受け取る事ができます。

小遣いを稼げるレベルの副業から本業をしのぐ売上をあげることができる副業までさまざまな副業が存在している時代です。
その中のキーワードが「シェアリング」です。
このシェアリングの中でも、注目を集めているのがakippa(あきっぱ)となります。
ちょっとした土地さえ持っていれば収入を得られるサービスとして人気を博しています。

「駐車場を借りたい方」は、
akippa(あきっぱ)で全国の空いている駐車場を利用出来ます。
行きたい場所に近い駐車場も簡単に探せ、選ぶことができます。
すべての駐車場をスマホで事前に予約することが出来ます。
さらに、akippa(あきっぱ)は駐車代をオンライン決済することができます。

akippa(あきっぱ)は、サービス登録は無料ででき、月額使用料も一切かかりません。
実際にかかるお金は、駐車場の利用料金だけとなっています。

akippa(あきっぱ)は、もともと空いている駐車場を貸し出すというサービスの特性上、
その駐車料金も、通常より安く利用出来ます。

サービスの利用方法は、
akippa(あきっぱ)を利用するのはとても簡単でスマホの人は
アプリをダウンロードするだけです。
トヨタ車に搭載されるカーナビにはakippa(あきっぱ)の駐車場が表示されるように設定されています。

akippa(あきっぱ)は、2009年2月に設立した駐車場予約アプリです。
実際に、駐車場に対して困っている人は多く、2022年の時点で登録ユーザーが290万人を超えるほどの影響力を誇ります。
コンセプトテーマは「なくてはならぬ」で、車を停める際の駐車場探しに困ることを解決するためにakippa(あきっぱ)が誕生しました。
akippa(あきっぱ)は、駐車場の貸し借りで「もったいない」をなくします。

akippa(あきっぱ)の特徴とメリット

(オーナー側のメリット)

空いているときだけ駐車場を収益化

例えば、
・毎日・平日のみ・土日祝のみの貸出でもOK
・外出中や出勤中の時間だけでもOK
・バイク車室1台分~でもOK
・保有している軒先や余った土地でもOK

初期費用や月額費用はすべて無料

akippa(あきっぱ)への貸出登録にはお金は一切かかりません。
初期投資ゼロで、何も生まなかった場所を収益化できます。

通常、駐車場経営を始めようと思ったら、
舗装費用やフェンス設置費用や料金ボックス設置費用など
100万円近い初期投資が必要になります。

機器設置不要なので手間いらず

コインパーキングのような機器の設置は不要です。
現状のままで貸し出しができます。

ユーザーの対応はすべてakippaが実施

貸主は原則として、予約者との直接のやりとりは必要ありません。
ユーザーとのやりとりは akippa におまかせください。

準備するのは、PC・スマホだけでOK

PC・スマホから登録フォームに、駐車場の住所や写真などの情報を登録するだけで、簡単に駐車場経営をスタートできます。
場所さえ空いていれば、明日から駐車場経営が開始できます。

累計会員数290万人以上の圧倒的な集客力

多くのユーザーがいるため利用される機会が多く、収益化に期待できます。
個人宅や空き地など、常時30,000件以上の予約可能な駐車場を掲載中です。
だから多くのユーザーが何度も訪れます。

駐車場運用やトラブルに対するサポートが充実

万が一のトラブル(違法駐車や駐車場の物損など)が発生しても、24時間365日対応のサポート窓口や、駐車場シェア専用保険による補償制度も用意しており安心です。
メルマガなどによる集客や、収益を最大化するためのプライシングなど、駐車場の運用はakippaが全力でサポートします。

akippa(あきっぱ)に貸し出しをして社会問題の解決

車の台数に対して圧倒的に不足している駐車場です。
駐車スペースが増えれば、渋滞や迷惑駐車などの社会問題解決に繋がります。
あなたとakippa(あきっぱ)で、より良い車社会を実現しましょう。

不労所得になる

土地がある方にとっては無労働で報酬が得られる美味しい副業が得られるのは、何よりも大きなメリットです。

(ユーザー側のメリット)

予約制だから確実に駐車場を確保できる

akippaの最大のメリットは、事前予約制だから確実に駐車場を確保できることです。
駐車場の予約が最大で30日前から可能です。

目的地周辺で駐車場が見つからないと、同じところを何度もグルグル回る羽目になってしまいがちです。
例えば、スポーツ観戦や音楽フェス、観光名所など、人が多く集まる場所にいく際に非常に役立ちます。

でも、akippaはスマホやパソコンを使って、最大30日前から駐車場をネット予約できます。
akippa(あきっぱ)で駐車場を予約しておけば、当日駐車場探しのために無駄な時間を使う必要が一切なくなります。

15分単位で予約できる

akippa(あきっぱ)は15分単位で予約できるので、短時間の利用もOKです。

駐車場料金の比較がしやすい

akippa(あきっぱ)は全ての駐車場で最大料金が決まっているので、駐車場ごとに料金を比較しやすいのも魅力の1つです。

予約時間内は入出庫自由

akippa(あきっぱ)と通常のコインパーキングとの大きな違いは、予約したい時間内はクルマの出し入れが自由に行えることです。
コインパーキングのように都度支払いしてロック解除をする必要がありません。

通常のコインパーキングよりも安い

akippa(あきっぱ)を利用すれば、一般的なコインパーキングよりも安く駐車できることが多いです。
その理由は、「空きスペースを利用している」からです。

一般的なコインパーキングは、駐車場をつくるために土地を整備したり、機材を設置するための初期投資が必要になります。
さらに、定期的に巡回して料金の回収や掃除など、メンテナンスも必要になります。
こうした初期費用・メンテナンス費用がかかるため、どうしても料金は高くなりがちです。

一方、akippa(あきっぱ)は、土地や駐車場のオーナーが、使っていない空きスペースを貸し出しているだけなので、無駄なコストがかかっていません。
そのため、近隣の有料駐車場よりも安く貸し出したとしても、オーナーには十分なメリットがあるんです。
だから、akippa(あきっぱ)を利用すれば、一般的なコインパーキングよりも安く駐車できることが多いです。

レビューが信頼できる

akkipa(あきっぱ)で駐車場を検索すると、駐車場ごとにレビューが表示されます。
実際にその駐車場を利用した人のレビューなので、信頼性は抜群です。
レビューをチェックしておくことで、その駐車場がどんな場所なのかイメージしやすくなります。

クレジットカード、デビットカード決済が可能

akkipa(あきっぱ)は、キャッシュレス決済で便利です。

akippa(あきっぱ)からオーナー様へのお支払い

(オーナー側)

ユーザーから徴収した駐車料金からakippa(あきっぱ)の手数料を差し引いた 46.3%分がオーナー様へのお支払い金額となります。

いろいろな駐車場が貸し出しできます!

個人宅駐車場

□こんな方におすすめです!
マイカーを手放して駐車場が空いている。
マイカー通勤で空いてる時間帯がある。
近くに人が集まるスポットがある。
※ゲート式やシャッター式の場もご相談ください。

月極駐車場

□こんな方におすすめです!
契約が決まらず駐車場の空きがある。
月極駐車場の一画を時間貸しにしたい。
次の契約者の利用開始まで貸し出したい。

集合住宅駐車場

□こんな方におすすめです!
駐車場の空きを少しでも埋めたい。
来客者用の駐車場を用意したい。
家賃以外の収益源を確保したい。

どれくらい稼げるの?

売上を増やすポイントは

周辺相場より料金を安く設定する

料金設定は最も重要で、傾向的に周辺のコインパーキング相場より料金が高いとあまり利用されません。
低料金で稼働を高めることがポイントです。オープン時はキャンペーン料金を設定するのも顧客獲得に効果的です。

定期的に貸出設定を見直しする

一見不利な立地の駐車場でも地域への訪問客や通勤客など意外なニーズで売上好調なケースは多々あります。
まずは開業してみて利用者の傾向を分析し、貸出料金やコマ割などの設定を定期的に見直す手法が有効です。

akippa(あきっぱ)の登録の流れ

akippa(あきっぱ)で駐車場を貸し出すまでの流れについて以下の通りです。

公式サイトへアクセス

スマホやパソコンを使ってakippa(あきっぱ)の公式サイトにアクセスします。

オーナー情報の登録

駐車場のお貸し出しにあたり、まずはオーナー登録が必要です。
氏名や電話番号、報酬振込に使用する口座情報、本人確認情報などを登録します。

駐車場情報の登録

次に、駐車場の登録をおこないます。
駐車場の所在地やサイズ、貸出スケジュールの設定、駐車場の写真などを登録します。
料金や貸出日時などの貸出設定を登録します。

審査・掲載

akippa掲載スタッフによる審査が完了すると掲載が開始されます。(最長2週間程度)

掲載ページ作成

提出いただいた情報からakippaで掲載ページを作成します。(※最短5営業日で作成)
掲載後は、駐車場が利用されれば収益が発生します。
予約状況や売り上げは、オーナー様向けの管理サイトである「オーナーサイト」からいつでも確認できます。

akippa(あきっぱ)の登録は、とても簡単です。
個人でも法人でも全く同じです。

トラブルやサポート体制は

万が一のトラブルの際、ご連絡ください。
オーナー様専用の年中無休トラブル対応窓口を設けております。

【akippa(あきっぱ)サポート窓口】
TEL:050-8892-1990(営業時間: 24時間 365日)

(トラブル事例)
・違法駐車されている
・akippa(あきっぱ)の利用者が勝手に延長して駐車している
・akippa(あきっぱ)の利用者がスペースを間違えている
・トラブルの中でも一番多いのは、予約していた駐車場に他の車が停まっている
・ぶつけられて駐車場が損傷した etc…

オーナーサイトの管理画面の使い方は

akippa(あきっぱ)のオーナーサイトの管理画面では以下の機能があります。

■駐車場管理
①基本情報編集 
②スペース設定編集
③掲載開始する
④掲載停止する
⑤掲載停止予定を取り消す
⑥貸出設定編集
⑦料金設定編集
⑧確認する
⑨予約一覧
⑩支払明細書一覧
⑪ヘルプ(お問い合わせ)
⑫akippa(あきっぱ)サポート窓口(24時間受付)

↓オーナーサイトの利用方法については、下記のサイトがおすすめです!
https://new1blog.com/akippa-owner-site/

会社案内(あきっぱ)

■社名
akippa株式会社

■所在地

OSAKA OFFICE
〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2-10-70 なんばパークスタワー 14階

TOKYO OFFICE
〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町4-7 +SHIFT KANDA 2階

■設立
2009年2月2日

■資本金
20億円(資本準備金含む)

■代表者
代表取締役社長 CEO 金谷 元気

■事業内容
駐車場予約アプリakippa(あきっぱ)の開発及び運営会社です。
akippaは日常生活の困りごとから生まれた、駐車場のシェアリングサービスです。
契約されていない月極駐車場や個人宅の車庫・空き地・商業施設などの空きスペースに、
ネット予約して駐車でき、誰でも簡単に駐車場をシェアできます。
いつでも・どこでも使える予約駐車場にするために、駐車場拠点数を増やし続けています。
これまでにTVや新聞、雑誌など多数のメディアにも掲載されています。
駐車場を通じて、「移動」の問題を解決し、「人と人が会う」という素晴らしい体験を残し続ける…
そんな社会をakippa(あきっぱ)で実現します。

Q&A(あきっぱ)

貸し出す前のご質問

Q
申し込みなどが煩雑で面倒。丸投げはできないですか?
A

場所(立地)・車室数(10車室以上)によっては担当者がお伺いします。
直接出向く場合、聞き取りが必要な部分があったり、最終間違いがないかの確認など、お顔を合わせての打ち合わせもいたしますので、それが可能でしたらこちらでの申し込み作業の代行も可能です。

場所(立地)・車室数的に難しい場合はお電話・メールでサポートします。
スタッフが必要箇所を的確にご指示いたしますので、それに従って駐車場に関する情報を収集頂くだけです(写真、車室の寸法)。

ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

Q
土地が広い空き地でそこから何台のスペースがとれるかが分からないのですが?
A

空地を駐車場にする場合は、駐車場の中の整備状況や、立地など周辺の環境など留意点があります。
現場のマップや公図など客観的なデータがあれば、こちらで理想的なスペース取りを検証してご提案します。
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

Q
akippaを導入してみたいのですが、田舎なので利用されるか不安なのですが?
A

地方であれば立地次第ではありますが、akippaは全国に240万人の会員がおり、インターネット上の地図に載りますので、本来見つけることすらなかった駐車場を発見して頂けることが十分あり得ます。
需要も多岐にわたり、観光・レジャー用途だけでなく、通勤であったり、配達や工事業者などの様々な利用があり得ますので、未稼働であったり稼働率が低いのであれば逆に一度お試しください。
少なくとも”何も使わないで放置”しているスペースがあるのであれば間違いなく申し込み・登録頂くことをオススメいたします。

Q
どれくらい稼働するか事前にわかりますか?収支計画書などは提案頂けますか?
A

立地や周辺施設などにもよりますが駐車場シェアリングサービスは周辺の状況で大きく需要の変動が想定されるので、収支計画書の提案はしておりません。
解約料などは不要でその後の使用に制限はありませんので一度申し込み・登録ください。

Q
akippaの競合他社のほうが、高い分配率を提示してきたのですが?
A

akippa株式会社の考え方は、いくら“分配率”が高くても稼働率が低ければオーナー様のお手元に届く“配当額”は少なくなるので、いかに利用者に知っていただき、且つ便利にご利用いただくことで、稼働率を高めれるかに対して徹底的にこだわることが重要です。
そのためakippaでは、利用者に対する宣伝広告費や、便利にご利用いただくためのシステム開発に多額の費用を費やしています。
その結果、akippaと同業他社との稼働率の差は4~10倍と圧倒的に違っており、利用者の数も240万人を突破しております。
少しでも高い配当額を手にするのであれば、akippa以外にはないと断言できます。

Q
駐車場でのトラブルがあった場合が煩わしくないですか?
A

akippaには「24時間365日のトラブル専用ダイヤル」があります。
ここではご利用者様向けにご相談、ご連絡を一旦受けており、ほとんどの場合こちらで解決しますので、万が一の場合でも御安心いただけます。
万が一、現場での対応が必要なトラブルの場合のみオーナー様の連絡先にご連絡いたします。

また、時間が過ぎても車が止めたままであるとか、間違った場所に止めているなど、ご不明なケースも「akippaお問い合わせメールフォーム」か「24時間365日のトラブル専用ダイヤル」にお問合せ下さい。

Q
契約書は交わさなくてよいのでしょうか。
A

akippaはシステムでの運営ですので、初回に必要書類(登録申込書)さえあれば契約書は必要ありません。

Q
想定される出費があれば事前に教えてください。
A

現状をなるべくそのまま活用するため「初期投資、月額費用、設備投資ゼロ」が原則です。
オーナー様の御負担は発生した利益の50%以外は一切発生しないビジネスモデルですので、何か特別なご依頼されない限りakippaから請求する費用は発生しません。(ご自身で整備される費用や、ユーザーの予約を一方的にキャンセルした場合を除く)

Q
賃貸契約している駐車場(借地)を出かけている間、貸し出すことは出来るのですか?
A

貸し出すことそのものは可能ですが、前提として土地オーナーの承諾が必須です。
土地オーナー様からご利用者様に対して、使用可能との書面を頂き(形式は自由です)、登録申込書などとあわせて添付して郵送ください。
ただし、たいていの場合契約書に又貸し禁止の項目があると思いますので、難しい場合が多いかと存じます。
土地オーナー様にご説明が必要な場合はakippa詳細資料などを印刷してお渡しください。

Q
不動産管理をしており他のオーナー様の分を管理したいのだが?
A

不動産管理者が他のオーナーと合意した場合akippaに登録頂くことができます。また複数の駐車場を1つのアカウントで一括で管理することができます。
ただし、登録をする際は不動産管理者の名義、口座情報でご登録頂く必要がございます。他のオーナー様への分配については不動産管理者からお願いいたします。

Q
設置物は不要なのですか?
A

予約ユーザーには停めるべき車室(停める場所)の写真が送られますので、導入コストの高い機械など、一切設置物は不要です。

ただし複数車室がある駐車場で番号がないなど、予約ユーザーが見て分かりにくいとakippaが判断した場合は、ご自身で番号などの目印を表示して頂いたり、ホームセンターに売っている虎ロープやスプレー区画線を引くなどのご対応頂く場合がございます。
詳しくは規模や現場写真を確認しましたら適切な方法をご指示をさせて頂きます。

また個別に無断駐車を防ぐ意味での「契約者のみ駐車可」などプレートやシールは100円ショップなどでもありますので、そちらをご利用ください。

登録の際のご質問

Q
申し込みはどうすればいいのですか?
A

お申込みフォームからお申し込みください。
全ての必須・必要情報を埋めるだけで簡単に登録情報が集まります。
なお「申込人基本情報」「連絡先」「報酬振込先」などのオーナー様個人情報は公開されませんのでご安心ください。

お電話でもある程度の情報は受付いたしますが、どうしても煩雑になってしまいますのと、写真についてはいずれにしても送って頂かなくてはいけませんので上記の方法をお勧めいたします。

申込み受付後は申し込み情報をもとに本人確認のため登録申込書を郵送しますので、必要事項を記入してご返送下さい。
その間に駐車場情報の精査もあわせて行いまして、必要情報が揃えば登録手続きに入ります。

Q
複数の駐車場を登録できますか?
A

はい。可能です。
一度、オーナー登録をして頂ければ、同じアカウント(登録情報)に追加登録して頂くことが可能です。
お申込みフォームより登録して頂ければ2箇所目以降は続けて別住所の駐車場を登録頂けます。
その時はお申込み初回に頂く「登録申込書」「業務内容覚書」は不要で、写真とスペースに関する情報を送るだけでさらにスピーディに追加登録して頂けます。

Q
メールアドレスは必須ですか?
A

はい。akippaとのやりとりや予約通知、管理画面ログインの際に必要になります。
もしお持ちでなければYahooメールアドレスやGmail良いので取得頂ければ幸いです。(ID、パスワードは大切に保管ください。)

なお、携帯キャリアのメールアドレスはこちらからのメールが受信できない場合がありますので推奨いたしておりません。
もし設定される場合は、必ず「yubock.com」「akippa.com」のドメインから受信可能なように設定して下さい。

Q
申し込みの際は全て記入しなければいけませんか?
A

お申込みメールフォームの場合こちらからのご連絡に必要な「必須」項目は必ず記載いただかないと、次に進めませんが、それ以外(駐車場情報など)はお申込みの段階では、絶対条件ではありません。
ただ、そのあとで項目を埋める為にお伺いすることになること、また多くを記入して頂ければ、その後の手続きがスムーズに運びますので、多少お手数ですが可能な限りのご記入をお願い致します。

Q
報酬振込先の銀行口座は申込者と別で登録は可能ですか?
A

いいえ。指定可能な報酬の振り込み銀行口座は原則としてお申込者ご本人と同じ名義(法人の場合は会社名義)にして頂く必要がございます。

Q
登録申込書に「akippa掲載中の駐車場区画は有料・無料を問わずakippa以外での一時利用駐車場貸出をしないでください」とありますがどういうことですか?
A

akippaの予約は24時間受け付けているので、予約が入ったのに、例えば月極や他のシェアリングサービスなどで貸し出していた場合、ダブルブッキングが発生してしまいます。
このような『利用者トラブル』を防ぐための文言になりますのでご了承下さい。

もしakippaでの貸し出しをやめて「月極希望者などに貸す」場合は、akippaでの『掲載停止』をして、”先に予約が入っていなければ”すぐにでも貸し出すことが可能になりますし、先に予約が入っている場合は”その予約での利用が終わり次第”、別用途にご利用いただくことは可能です。

Q
駐車場情報入力欄の「価格調整委託」という項目はどうすればいいのですか?
A

「akippa側に委託する」場合は周辺コインパーキングやイベントなどのakippaが保有している様々な情報と状況にあわせた、”システムによる自動調整”になり、イベント時など需要が高まる際に自動的に値段設定を上げたりする仕組みになっており、確率的には「稼働率」が上がり収益が最大化する可能性は高くなりますのでコチラの方がオススメです。※自動調節が適応されるかは地域によります。※委託する設定でもあとから管理画面から価格の変更は可能です。

シェアリングとは

シェアリングとは、使われていないモノや労働力を、時限的に市場に出して共有するサービスです。
そもそも「シェア(共有)」には、2つの意味合いがあります。

1つめの意味は「モノを個人間でシェアする」という意味です。
カーシェアや衣料のシェアサービスなどはこの意味合いに含まれるサービスです。

2つめの意味は「労働力をシェアする」という意味です。
企業の利用が進むクラウドソーシングは、仕事を発注したい企業と受注したい個人とをマッチングです
これは、個人が後数の企業のために働くことによって実現しています。
企業側から見ると「労働力がシェアされている」といえます。

シェアリングの代表例には、民泊(宿泊施設を個人間で貸し借りすること)の市場を開拓折したアメリカのAirbnbがあります。
Airbnbは「部屋を貸したい個人」と「部屋を借りたい個人」をつなぐ仲介役としてサービスを展開しています。

他にも、ライドシェア(一般人のドライバーが空き時間を使って、自家用車で乗客を運ぶサービス)を仲介するUberやLyftもシェアリングの代表例です。
これらのビジネスはすべて、上記で解説した「モノの個人間シェア」や「労働力のシェア」という側面を持っています。

Alibnbが市場に根付いた背景には、ホストとゲストがお互いに個用できるシステムを作り上げたことがあります。
ゲストは「部屋が事前情報通りであったか」やはストの対応」などを評価します。
一方、ホストは「ゲストの部屋の利用にあたっての行動や振る舞い」を評価します。

また、総合評価やキャンセル率などの酸数の条件を満たしたホストを「スーパーホスト」として認定することで、信頼性をわかりやすく表現することに努めています。
結果として、ゲストは場所や設備、価格など以外に、レビュー(ホストに対する評価)を見て部屋を予約します。

一方で、ホストは評価の低いゲストの宿泊を拒否することもできます。
加えて、同サービスを利用するには、実名と住所、もしくは公的機関発行の身分証明書(運転免許証、パスポートなど)のいずれかによる本人確認がAirbnbによって求められる場合があります。
これもホストとゲスト双方の信頼性を高める仕組みの1つになっています。

シェアリングの背景

シェアリングは、2008~09年頃にはじまったとされています。
この時期、SNS (Social Networking Service)の利用が一段落し、ネットサービスの利用において実名主義が普及しました。

また、本人確認技術の向上や位置情報サービスの発展、高速通信技術の普及もあり、いつでもどこでも、個人間で必要なものを共有できる環境が整いました。
加えて、クラウドサービスが普及したことにより、シェアリング・ビジネスを手がけようとするベンチャー企業でも、システムのキャパシティ拡大が容易になりました。
このような背景もあり、現在、シェアリングは、私たちの生活に根付くようになってきたのです。

Airbnbは、宿泊のための部屋(空室)の貸し借りの仲介を行う企業です。
2008年にサンフランシスコで設立された同社のWeb サイトには、2020年8月時点で、全世界の約190の国と地域において、約600万件の宿泊先(リスティング数)が登録されています。

登録宿泊先数では世界一の宿泊サービスといえます。
ゲストが支払う宿泊費はAirbnbに振り込まれ、同社が15%程度の手数料を引いた後、残りの宿泊費がホストに支払われます。

Airbnbのもともとのコンセプトは「ホームシェア」であり、当初はホスト(個人)自分の家の空室をゲストに提供する個人間取引の仲介サービスとしてはじまりました。
現在は、ホストが住んでいない家や宿泊用に購入された物件も登録されています。

シェアリングの落とし穴

シェアリングの落とし穴の1つは、上述した信頼性・信用性の問題に起因した、企業のブランド力の低下です。
また、民泊では、利用者による騒音やゴミ出しルールを守らないことなどによる住環境の悪化が指摘されています。

こういった市場メカニズムでは自動的には解決できない外部不経済の問題がシェアリングにはつきまといます。
何か大きなトラブルが起こった際に、適切な対応を取らなければ、一気にサービスに対する信用度を失うことがあります。

もう1つの落とし穴は、需給バランスの改善です。
ホテルや駐車場、タクシーのように、現時点では資産や労働力の需給バランスが崩れているものがあります。
環類の変化や事業者の努力、政策などによって結給バランスが安定した場合、シェアリング・ビジネス自体が成立しなくなるケースもあります。

mame22i-5をフォローする
特P(とくぴー)の手数料は本当に得なの?akippa(あきっぱ)と他社比較してみた!
タイトルとURLをコピーしました